ロレックスの型番(リファレンスナンバー)って?


ロレックスは、高級時計の代名詞といっても過言ではないでしょう。そのため、愛用者の多くが長く使い続けたいと思っているはずです。ロレックスをはじめとする機械式時計には、定期的なオーバーホールが必要です。しかし、実際にオーバーホールをしようと思っても、見積もりをどうすればよいか、正規店と民間業者のどちらに依頼するか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、気になるロレックスのオーバーホールについて詳しく解説します。

ロレックスのオーバーホールの頻度やタイミング

オーバーホールは、時計を分解し、洗浄、油をさす作業です。車でいうところのオイル交換のようなもので、定期的にオーバーホールをすることで時計を長もちさせる効果があります。ロレックスの公式ホームページには、モデルや使用状況にもよりますが、10年以内にオーバーホールをするよう書かれています。しかし、多くの人が新品から4~5年を目安にオーバーホールをしているようです。オーバーホールを含む定期的なメンテナンスは、時計の寿命を延ばすためとても大事な作業といえます。

ロレックスのオーバーホールが必要な理由

細かいパーツがいくつも連なって動いている機械式時計は、部品と部品に摩擦が生じます。その摩擦によって、徐々に時間の不一致が生じてしまうのは珍しいことではありません。そのため、時間に誤差がでないよう、摩擦が生じる部分に油を注入しています。しかし、注入した油はおよそ3~4年で劣化して酸化します。つまり、油切れを起こすのです。油切れを起こしたまま時計を使い続けると、パーツの摩擦が生じ、時計自体を劣化させてしまいます。

また、オーバーホールには1つ1つの部品を洗浄する目的もあります。時計のパーツには細かい汚れが付着しているため、特殊な洗浄機での洗浄が必要です。パーツごとに時間をかけて洗浄することで、時計のコンディションを良い状態に保つことができます。

ロレックスのオーバーホールの頻度と必要な時間

ロレックスの公式ホームページでは、およそ10年以内に行うよう呼びかけられているオーバーホール。しかし、ロレックスのコンディションを保ち、時計の寿命を延ばすためには3~4年で行うのがよいでしょう。たとえば、使い始めて3~4年で1分程度の誤差が生じているなら、オーバーホールのタイミングといえます。

なお、オーバーホールには素材や使用状況によって約1~3カ月程度の時間がかかります。時計に限らず、どのような物も経年劣化は避けられません。そのため、定期的なメンテナンスを行い、劣化するスピードを和らげることが大切です。オーバーホールをしないで使い続けた結果、突然時計が止まってしまう恐れもあります。その場合は、オーバーホール以上の修理費用と時間が必要になります。

ロレックスのオーバーホールの見積もりは?

ロレックスの寿命を延ばす上、オーバーホールが大事である理由を説明してきました。では、オーバーホールの見積もりは、正規店と民間業者どちらが良いのでしょうか。ここでは、両者のメリット・デメリットを比較します。

正規店に依頼した場合のメリット・デメリット

ロレックスを正規店でオーバーホールする場合のメリットは、第一に安心感があることでしょう。ロレックスだけを取り扱う専門の時計技術者が作業するため、作業中のトラブルやアクシデントに対する不安がありません。また、パーツ交換が必要になったときも、ロレックスの純正部品が使用され、修理後も完全なる正規品として扱われます。「正規修理保証書」が発行されるため、ロレックスを売却するときの査定額が上がる可能性も高くなります。

一方、正規店でのオーバーホールにはデメリットもあります。まず、民間業者に比べると時間がかかる点です。ロレックスには修理技術のクオリティを均一に保つため、専用の窓口があります。一度窓口に集められた時計が、順に修理工房へと運ばれるシステムです。そのため、順番待ちが発生することも多く、オーバーホールを終えて持ち主の手元に戻るまで長い時間を要します。

さらに、民間業者に比べると費用が高いデメリットもあります。ロレックスの公式ホームページには、種類や使用状況によって金額は異なるとして詳しい料金は明記されていませんが、約6~10万円くらいは想定しておいた方がよいでしょう。

民間業者に依頼した場合のメリット・デメリット

民間業者でオーバーホールをする場合の最大のメリットは、納期の早さです。ロレックスの正規店に依頼する場合、どんなに早くても1カ月はかかります。状況によっては、3カ月かかることもあります。時計をいくつも持っている人なら問題ないかもしれませんが、1本のロレックスを愛用している人にとっては大きな問題でしょう。民間業者なら、1カ月あれば手元に戻るので修理を急いでいる人にとっては安心です。

また、正規店に比べて安価に修理できる場合が多いです。もちろん素材や種類、使用状況によっても異なりますが、なるべく費用を抑えたい人は見積もりを取って比較することをおすすめします。

一方、民間業者に依頼するデメリットは、修理技術がお店によって異なる点が挙げられます。ロレックスのオーバーホールには高い技術が必要なため、後にトラブルになるケースも少なくありません。業者選びは慎重に行う必要があるでしょう。

また、民間業者では部品交換が必要になった際に、純正ではない部品が使われる可能性もあります。目には見えない部分なので、そのようなリスクがあることも念頭に置いておきましょう。ただし、ロレックスは多くの部品が流通しているため、純正パーツを使用して修理するケースがほとんどです。

ロレックスのオーバーホールで優良業者を選ぶコツ

ロレックスのオーバーホールを行う業者を検索すると、数多くの業者がヒットします。そのため、どの業者に出したらよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。信頼のおける優良業者を選ぶには、まず、経験豊富な技術者が在籍しているかどうかの確認が必要です。特に、優良時計店と提携している業者は信頼度が高くなります。ホームページの修理実績や口コミを見たり、気になることは直接問い合わせたりするとよいでしょう。

また、見積もりや見積もり後のキャンセル料が無料なのも業者選びのポイントです。見積もりが簡単に取れたり、キャンセルしやすかったりすると安心して相談できます。さらに、パーツ交換が必要になった際、純正パーツを使用するかどうかも判断基準の1つです。目には見えない部分なので、心配な場合は修理を依頼する前に問い合わせることをおすすめします。修理後の保証があると、なお安心です。

ロレックスのオーバーホールの見積もりを取りたい

正規店でロレックスのオーバーホールの見積もりを取る場合は、全国にあるロレックス正規店への持ち込みのほかに、日本ロレックスに電話し郵送キットを送ってもらう方法があります。時計を入れた郵送キットを返送した後、見積もり内容が電話で伝えられるシステムです。

一方、民間業者の場合は電話やネットからの申し込みがほとんどです。申し込み後は、業者から届けられた専用キットに時計を入れて返送します。実店舗がある場合は、店舗への持ち込みも可能です。後日、電話やメールにて見積もり内容が伝えられます。

ロレックスのオーバーホール見積もりは

ロレックスのオーバーホールは、ロレックス正規店だけでなく民間業者でも可能です。正規店と民間業者、どちらに依頼する場合もメリット・デメリットはあるため、比較し検討する必要があります。

ロレックスのオーバーホールなら、正規店と比べて最大60%オフの価格が可能な上、3週間でオーバーホールができる腕時計修理・オーバーホール専門店 シエンがおすすめです。熟練した技術をもつ時計技術者が多数在籍しているため、正規店にも引けを取らないハイクオリティで仕上げられます。1年間の品質保証もついているため安心です。