ロレックスのメンテナンス方法について

ロレックスのメンテナンス方法について

ロレックスの時計を末長く使いたい人は、必ずメンテナンスをすることをおすすめします。
メンテナンスをオーバーホールと言い、車を所有すると2年に1回の車検を通さなければならないのと同じくらい大事なことなのです。
定期的なメンテナンスを受けなければ時計の寿命は縮まってしまいます。


ロレックスの時計のオーバーホールは一体どこでできるのでしょうか?
そしてどこがお得なのでしょうか?
ロレックスをメンテナンスする際に確認しておく必要のある情報を紹介します。

ロレックスのメンテナンスの周期

ロレックスの時計は使用状況によってオーバーホールする周期は異なりますが、ロレックスは大体3年~4年に1回メンテナンスをすることを推奨しています。
その為ユーザーはこの期間内にオーバーホールをすることが求められています。
基本的にオーバーホールはムーブメントの分解洗浄、歯車にオイルの差し直し、場合によりパーツ交換をします。
機械式時計は小さなパーツの集合体なので、一つの部品の摩擦によって時間に誤差が出てしまうことがよくあります。
その為、3年~4年使用していて1日に1分程度のズレが生じた場合はメンテナンスをするタイミングだと言えます。
何もせずに使い続けてしまうと、その他の部品にも負担がかかり、更なる故障の原因となるので、少しでも不具合を感じたらオーバーホールを受けましょう。

ロレックスのメンテナンスの周期

ロレックスの時計のメンテナンスをする際に、オーバーホールを依頼する業者を探すとき、正規店で依頼するか、民間業者で依頼するかで悩まれる人が多くいます。
正規店でサポートを利用する場合、日本ロレックスに依頼をします。
依頼方法はロレックスのサービスセンターに時計を持ち込むか、遠方や時間のない人は輸送で時計を送るのが一般的で、公式サイトから依頼をすれば、無料で梱包セットを自宅に送ってくれるので、気軽に依頼することが可能です。
日本ロレックスの正規店でのオーバーホールは専門時計技術者がメンテナンスを行ってくれるので安心して任せられます。
パーツ交換の際にも他社製品のパーツを使用される心配もなく、お一つお一つを完全に正規品として修理してくれます。
そして、一番の魅力は正規修理保証をもらえるので、もし、時計を売却する場合でも本物であることを証明してくれます。
また、オーバーホールを行って1年未満の証明書をもっていると、買取査定の際にオーバーホール代を上澄み下査定金額が提示されることもあるので、ぜひ覚えておきましょう。

民間業者へオーバーホールを依頼する際、ロレックスは高級腕時計の中でも最も多いユーザーを持つブランドなので、パーツの流通量が多く、ビンテージのモデルでない限りは社外のパーツを使用される可能性は低いと言えます。
修理業者によってオーバーホールにかかる費用はバラバラですが、正規修理の費用よりも半額から7割くらいの価格相場になっています。
ただ、注意しなくてはならないことがあり、業者によっては技術、品質にバラつきがあるので、技術力に定評のある優良業者を選ばなくてはなりません。
口コミや大きい規模で一級技能士が対応してくれる場所や、優良時計店と提携をしている工房を選ぶことをおすすめします。

カテゴリー