ロレックスなどの腕時計とオーバーホールなどの情報

手持ちの腕時計を長く愛用し続けたいと考えるなら

ロレックスなどの腕時計は、高級品であるがゆえに高い値段で取り引きされる傾向があります。
購入するために高額な費用がかかった場合には、長い期間にわたって使用し続けたいと考える方も多いです。手持ちの時計を長く愛用し続けるためには、メンテナンスの仕方にも気を配ることが大切です。
時計をメンテナンスする方法の一つに、オーバーホールと呼ばれるものがあります。これは、時計をパーツごとに分解して清掃し、必要に応じて修理や部品交換を行なってから元通りに組み立て直す作業です。
機械式時計のパーツには、他のパーツとの摩擦を減らすために油をさしていますが、長い時間が経過することによって油が劣化したり、油が切れて部品同士の摩擦が大きくなります。そのような状態を放置すると、パーツの摩耗が進んで時計の寿命が短くなるという問題も生じます。
定期的にオーバーホールを行なえば、内部のパーツが摩耗して時計の精度が低下することを防ぎ、良いコンディションを維持することが可能です。また、オーバーホールを行なうことによって、改良された部品のおかげで性能が良くなる場合もあります。
オーバーホールと併せて新品仕上げと呼ばれる作業を依頼するのもおすすめです。時計の外装パーツに磨きをかけ、新品のような輝きを取り戻すことのできる作業です。オーバーホールと新品仕上げを一緒に行なうことで、時計を内からも外からもよみがえらせることができます。

オーバーホールの作業に関する情報

所持しているロレックスなどの腕時計をオーバーホールする場合、自分で作業を行なえば費用が安上がりになると考える方もいます。
しかしながら、時計の分解清掃を行なうためには、専門性の高いスキルが求められます。専門的なスキルを持たない人が作業をした場合、過剰に多くのエネルギーや時間を要したり、作業中にミスが発生したりするリスクが高くなります。
また、何とか分解、清掃まではできたとしても、元通りに組み直す方法が分からなくなってしまうということもあり得ます。そういった事情から、腕時計のオーバーホールは専門の業者に依頼することがおすすめの方法と言えます。
また、オーバーホールを行なう際のスキルレベルは、業者によっても違いがあります。
そのため、高品質のサービスを受けたいと思うのであれば、それなりのスキルを有する業者を選定する必要があります。それぞれの業者のスキルレベルは、時計をどの程度まで分解するのかによって判断することも可能です。時計を細かなパーツに分解してから元通りに組み直すためには、高度なスキルが要求されます。
したがって、スキルレベルの低い業者が時計を完全に分解すると、素人の場合と同じように復元できなくなってしまうリスクがあります。そのような状況の中でも完全な分解作業を行なっている業者は、それだけ高いスキルを有していると判断できます。そして、完全な分解をすることにより、一つひとつのパーツに丁寧な作業を行なうことが可能です。

分解から洗浄、注油、タイミング調整までの工程と新品仕上げの作業について

ロレックスなどの腕時計をオーバーホールする場合、ケースから機械を取り出してパーツごとの分解が終わった後は、洗浄の作業に入ります。
そして、洗浄が済んだら組み立てと注油が行なわれます。組み立ての作業をする際には、手順を間違えると復元することができないので、高度なスキルが求められます。また、注油の工程では、多過ぎず少な過ぎず適度な量のオイルを注ぐことが大切です。
オイルが多過ぎるとあふれてしまい、少な過ぎると時計の寿命にも影響が出ます。適度なオイルの量は、時計のモデルによって異なります。繊細な作業が必要となるため、高品質のサービスを期待するのであれば、適度な注油量を知っている技術者に作業を行なってもらうと良いでしょう。注油の作業が終わった後は、タイミング調整の工程に進みます。この作業の品質によって、時計の精度に違いが生じます。そのため、時間の進みや遅れが気になるという場合には、タイミング調整の技術レベルが高い業者を選定する必要があります。
次に、オーバーホールと新品仕上げには、それぞれ別々のスキルが要求されます。そのため、同じ技術者が両方の作業を担当するよりも分業制を敷いている業者の方が、クオリティの高い作業を行なうことができます。
新品仕上げの工程では、ケースやブレスレットを分解して、パーツごとにポリッシュする作業を行ないます。高度な技術によるポリッシュ作業によって、時計は新品のような輝きを取り戻すことができます。
ただし、当てキズなどの深いキズがある場合は、ポリッシュによって取り除くことが難しいものもあります。深いキズを取り除くために無理なポリッシュ作業をしてしまうと、ケースが変形してしまったり、金属が痩せてしまうリスクも生じます。

カテゴリー