ロレックスなどの腕時計とオーバーホールなどの情報


高級時計の代名詞とも呼べるのが「ロレックス」ですが、せっかくロレックスを手に入れても長期間何のメンテナンスもしないでいると故障する可能性は高まります。
大切なロレックスを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが重要です。しかし、メンテナンスは正規店だけでなく、街の時計屋さんや家電量販店などでも行っており、どこへ依頼したらいいか分からない人もいるのではないでしょうか。
そこで、今回はロレックスのメンテナンスを依頼するなら正規店と民間業者のどちらに出せばいいかについて解説していきます。

ロレックスのオーバーホールとは

ロレックスの定期的なメンテナンスのことをオーバーホールと呼びます。
具体的には「ロレックスを一度分解して点検し、整備し直すこと」で、車を所有している人は車検をイメージすると分かりやすいでしょう。基本的にロレックスはとても故障しにくい時計ですが、長年使っているとオイル切れや部品の摩耗によって正確な時刻を示さなくなることもあります。
どれだけ優れた時計であっても、定期的なメンテナンスは必要です。
特にロレックスは機械式自動巻きムーブメントを採用しているケースが多く、より精密で細かな部品が多く使われています。時計内部に溜まった少しの金属粉で精度が落ちることもあるので、異常を感じたら早めに対処したほうが無難です。

ロレックスのオーバーホールをするタイミングは?

ロレックスのオーバーホールを依頼するタイミングは厳密には決まっていませんが、日本ロレックス社では3~4年周期でのオーバーホールを推奨しています。ただし、あくまでもオーバーホールは時計内部の整備点検であるため、使用状況によって適切なタイミングが異なることは知っておきましょう。たとえば、ほとんど使用していない場合は、部品の摩耗があまり考えられないので4年程度間隔を空けても問題ないこともあります。一方、頻繁に使用している場合は、3年未満であってもオーバーホールを依頼したほうが良いケースもあります。もしも、使用時に「異音がする」「リューズが重くなった」のような普段とは違う症状があれば、早めにオーバーホールへ出したほうがよいでしょう。

分解から洗浄、注油、タイミング調整までの工程と新品仕上げの作業について

ロレックスのオーバーホールは取り扱う業者によって多少工程が異なりますが、基本的な流れはそこまで変わりません。一般的なオーバーホールは、まず分解から始まります。
ブレスレットから時計部分を取り外し、裏蓋からムーブメントなどを取り出していく作業です。最終的にはすべてのケースやムーブメントは分解され、調整忘れがないように細かくチェックされます。次に、取り外したパーツをチェックした結果、破損している部品があれば必要に応じて調整や交換を行います。
その後、すべてのパーツを超音波洗浄でキレイに洗ったら、歯車などにオイルを挿して元通りに組み上げ、最終調整を行って完成です。
流れを見ればわかるとおり、オーバーホールでは破損した部品の交換のみを行っているわけではありません。すべての部品をチェックしたうえで洗浄し、ムーブメントを正確に動かすために欠かせないオイルを挿すメンテナンスも行っています。
さらに、組み上げた後は最終調整として規定の水圧になっても水が内部に侵入しないか確かめる防水検査や正確に時を刻むかを確認するタイミング調整も行います。オーバーホールを行うことで、まるで新品同様の感覚で再び使用できるようになるでしょう。
さらに、業者によってはムーブメントなどの内装部品だけでなく、ケースやブレスレットといった外装部品の再仕上げを行ってくれるところもあります。たとえば、ブレスレットに傷がついている場合、研磨して目立たなくすることによって輝きを取り戻せるケースも少なくありません。
オーバーホールは基本的にすべての部品のメンテナンスを行いますが、業者によって一部対象となる範囲が違うケースもあります。依頼するときは、事前にどこまでメンテナンスしてくれるかを確認しておきましょう。

修理は正規店か民間業者に依頼か

オーバーホールを依頼する場合、大きく分けて正規店と民間業者の2つのうちどちらかを選択する必要があります。
正規メーカーの日本ロレックスには公式修理サービスセンターがあり、純正パーツを使用したメンテナンスを受けられます。全国各地にあるサービスセンターの窓口へ持参するだけでなく、郵送でも対応しているのが特徴です。また、サービスセンター以外でも、日本ロレックスの正規販売店で購入していた場合、その店舗で受け付けてくれることもあります。この場合、なかには自社工房を持っている正規販売店もありますが、基本的にはサービスセンターへの仲介という形をとっているケースが多いです。

ただし、正規販売店によっては古い年代に作られたロレックスに対応していなかったり、そもそもオーバーホールの受付をしていなかったりする店舗もあるので注意しましょう。
なお、日本ロレックスでオーバーホールを依頼する場合、時計の種類にもよりますが、最終的には6~10万円ほどの料金がかかります。
一方、民間の時計修理店や家電量販店では、ロレックス以外の時計にも対応している時計修理のプロたちに任せることになります。
保証期間は正規メーカーが2年なのに対して民間業者は1年程度と短いケースも多いですが、料金は正規メーカーの半額~7割程度ですむことが多いのはメリットです。
そのため、料金を重視するロレックスユーザーのなかには民間の時計修理店や家電量販店でオーバーホールを依頼する人もそれなりにいます。ただし、民間に依頼するときに注意したいのが、「クオリティーは店舗によって大きく異なること」です。せっかくオーバーホールに出したのに、依頼する前より状態が悪くなってしまったら元も子もありません。民間に依頼するときは優良業者を見つけることが重要です。
優良業者を探すポイントは、「業者の規模が大きく、優良時計店と提携している」「1級技能士が所属している」の2つを意識することだと言えます。
ロレックスのような高級時計のオーバーホールに対応している業者の場合、顧客も必然的にそれなりに裕福な層をターゲットにしているケースが多いです。また、オーバーホールに必要な機材は数百万円程度することもよくあるので、できるだけ規模の大きい業者のなかから探したほうが効率よく優良業者が見つかります。
さらに、時計修理には「時計修理技能士」という国家資格があり、当然1級所持者になるには多くの知識や経験が必要とされます。1級技能士のいる業者を選べば正規店と遜色ないクオリティーでオーバーホールをしてくれるでしょう。
民間業者のなかには相場よりもかなり安い料金でオーバーホールを請け負っているところもありますが、そうした業者には1級技能士が在籍していない可能性が高いです。業者によってはホームページなどで資格所持の有無を公表しているケースもあるので、念のため確認しておくことをおすすめします。

ロレックスのオーバーホールを依頼するなら まとめ

ロレックスのオーバーホールは、大切な時計を長持ちさせるための重要なメンテナンスです。
正規店に依頼すれば保証期間も長く、安定したクオリティが期待できます。
一方で、民間業者のほうが、対応が早く、料金も安い点はメリットです。また、優良業者に依頼すれば正規店とほとんど変わらないクオリティーでオーバーホールをしてくれます。少しでもお得にオーバーホールをしたい人は、民間の優良業者を探してみるとよいでしょう。
時計修理・オーバーホールの専門店「CIEN(シエン)」なら、デパートなどで取られる中間マージンがないため、大幅にコストが削減。オーバーホールの納期も約3週間と短期間で仕上がります。
時計修理やオーバーホールの専門店を探している人は、実績が豊富で多くのユーザーに利用されているCIENに相談してみてはいかがでしょうか。