【ロレックス特化!】オーバーホール業者徹底比較ランキング!

HOME > コラム > ロレックスのオーバーホールに関して

ロレックスのオーバーホールに関して

世界には数多くの腕時計メーカーがありますが、トップに君臨するのがロレックスではないでしょうか。
重厚感は他の腕時計メーカーの追随を許しませんし、身に付けているだけでワンランク上の人間になれる気がしてきます。
超一流のブランドだからこそ欠かせないのが、オーバーホールではないでしょうか。
腕時計は精密機械ですし、ネジの劣化や埃の蓄積が大きなトラブルに繋がることがあります。
オーバーホールの目安としては、五年に一度が理想的ではないでしょうか。
値段は様々ですが、故障することを考えると安いものではないでしょうか。
上手に使用することで百年以上使うことが出来ますし、子どもや孫に譲り渡すことも可能です。
そんな風になれば素敵ですし、それが出来るのが超一流の腕時計ではないでしょうか。
ロレックスの魅力を知れば、誰もが虜になるはずです。



ロレックスの品質を維持するオーバーホールの重要性

ロレックスの性能を長期的に維持するために、定期的なオーバーホールを行うことがとても大切です。
最近では、品質の高い時計を扱っている店舗が珍しくありませんが、高級時計の購入時にはメンテナンスの対応が優れているところを選ぶことがおすすめです。
特に、ロレックスの販売店の中でも、オーバーホールの受付を行っているところは、多くの社会人からの注目が集まっています。
一般的に、オーバーホールの費用は、1万円から3万円程度に設定されている店舗が多くありますが、ロレックスの機種やパーツの劣化の状態によって、追加料金が必要となるケースもあります。
そこで、初めて本格的な時計のメンテナンスを行うにあたり、各地で人気のある店舗の対応事例をチェックすることはもちろん、レビューに参考にしながら顧客の評判の良さを重視すると良いでしょう。



ロレックスに必須のオーバーホールとは

時計付きの憧れでもあるロレックスですが、きちんとメンテナンスをすれば何十年、場合によっては親子何代にも渡って使うことができます。
そのメンテナンスの基本と言えるのがオーバーホールです。
ロレックスに代表される機械式時計は、多数の部品から成り立っています。
何年も使用していると、それぞれの部品の磨耗や油切れなどが生じます。
この状態を放置していると使用ができなくなってしまいますが、これらを定期的にメンテナンスして使用可能にするのがオーバーホールです。
3年から5、6年に一回の割合で、適切なお店や業者にメンテナンスしてもらうことで一生使い続けることができるのがロレックスの大きな魅了です。
部品の供給は生産中止から30年程度と言われていますが、ファンの多いメーカーのおかげで、様々な手段で部品を入手することが可能です。
せっかく良い時計を手に入れたのなら、定期的なオーバーホールを心がけるようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー