【ロレックス特化!】オーバーホール業者徹底比較ランキング!

HOME > コラム > ロレックスのオーバーホールは欠かさず行うべきです

ロレックスのオーバーホールは欠かさず行うべきです

 世の中にはいろいろな腕時計があります。今は携帯電話やスマートフォンが普及していますので、改めて腕時計は必要ないという人も中にはいらっしゃるようですが、やはりまだまだ腕時計を愛用されている人はたくさんいらっしゃいます。その中でも機械式腕時計は高級腕時計と言われ、特にロレックスは最も人気のある時計の一つとして知られています。
 しかし機械式腕時計というのは電池式ではなく、精密機械によって作動する時計です。ですから潤滑油も当然必要ですが、それは月日が経つとともに劣化したり、不足したりしてきます。また、歯車同士が擦れあう訳ですから、摩耗もしてきますし、金属疲労も発生し、そのままにしておくと最終的には動かなくなってしまい、時計として役に立たなくなってしまいます。ですから、機械式時計は定期的な点検や分解掃除が必要になってきます。これをオーバーホールと言いますが。ロレックスのオーバーホールは概ね3年から5年経過したころが適当と言われています。高級時計を末永く愛用するためにオーバーホールは欠かせません。


 ロレックスをオーバーホールする時の研磨の有無

 ロレックスを持っている方なら必ず経験をするオーバーホールですが、特にオーダーをしなければケースの研磨が含まれます。これについては様々な考えを持っている方がいて、ケースが削れて痩せるのを好まなかったり、傷も想い出の一つとしてそのままにするのを好んで研磨を断る人もいれば、研磨によって浅い傷が消えて、新品のような外見になり、感激したという意見もあります。
 もちろんロレックスと言うメーカーが標準としている作業ですので、機械的に悪い訳もなく、またどちらの意見もオーナーの時計への愛情が成せる技で、片方が絶対に正しいということではありません。しかし、オーバーホールと言う、油を注したり、摩耗した歯車を交換すると言った、機械の手入れという本来の目的に加えて、研磨というサービスを標準で行うという姿勢はロレックスならではと言えるでしょう。


 ロレックスは定期的にオーバーホールしましょう

 腕時計は使っていくうちに内部の機能がどうしても劣化してしまいます。なのでどんなに状態の良いロレックスでも、年月が経つにつれムーブメント内の油に汚れや粘りが発生してしまいます。長く使っていくためにはオーバーホールという作業が必要です。時計を分解して点検し劣化している部分を修理することをオーバーホールといいます。
 機械の構造が複雑になるほど作業の期間も長時間かかり、それなりに料金もかかってきます。義務ではありませんが、古い油を新しい油に替える作業工程の中にありますので出来れば数年に1回は行いましょう。状態が良いからと言って怠ると、それぞれのパーツが消耗し磨耗してロレックスの寿命を縮めてしまいます。パーツの交換となりますとオーバーホールよりも料金が高額になる場合も多いので、必要不可欠な作業とも言えます。大事な腕時計のためにも、常に良い状態を保つことが大切です。

次の記事へ

カテゴリー