【ロレックス特化!】オーバーホール業者徹底比較ランキング!

HOME > コラム > ロレックスは定期的にオーバーホールしましょう

ロレックスは定期的にオーバーホールしましょう

 時計は精密な部品で構成されているので、使っていくうちにどうしても劣化してしまいます。特にロレックスなどの高級時計は壊れると修理費用が高くかかってきます。時計を長く使い続けていくには、オーバーホールという作業が欠かせないでしょう。
 オーバーホールとは時計の点検や修理を行うことを指します。時計を分解し、隅々まで洗浄や清掃を行います。定期的に行う義務はないので行わない方もいますが、長く使うためにも数年に一度は行ったほうが良いでしょう。オーバーホールを行うことで良い状態に戻せるのが大きなメリットです。また、依頼することで修理が必要になる部分も見つかります。そのまま使い続けているようでしたら仮に壊れていなくても依頼しましょう。公式ストアか時計屋さんに頼めます。定期的に直すことで半永久的な使用が可能となります。


 ロレックスは定期的にオーバーホールへ

 良い物は大事に受け継いで行く、そんな習慣がヨーロッパにはありますが、日本人はどちらかと言うと、ファッションなどもファストファッションで、そのほかの文具や日用品などもどちらかと言うと、大事に使い込むと言うよりは、使い捨てにする人の方が多い気がして残念です。
 男性だと時計を、女性だと指輪やパールのネックレスなど、高価な物貴金属に関しては是非、家族やその孫の代などまで、大事に受け継いで一族でメンテナンスをしつつ、大事に使い続けて行くものがあっても良い様な気がします。特に時計は、時を繋ぐと言う意味もありますから、スイスのパネライ、アメリカのロレックスやオメガなど、時計の中でもメジャーで一流品の物などは、定期的に3年に一度位は必ずオーバーホールをして、大事に使っていれば、必ず自分の子供へと受け継ぐ事が出来るはずです。


 ロレックスなら大事にオーバーホール出来ます

 時計は、何個も似たような物を買い集めるよりも、ロレックスやカルティエなどの高級な物を買って、大事に大事に使っていった方が、断然良いと感じます。ロレックスやオメガなどは、時代を超えても愛され続けるオーソドックスな物も多いですから、飽きも来ないしずっと愛用できるでしょう。女性ならハイブランドジュエリーブランドのカルティエのタンクなどでもエレガントで素敵ですが、やっぱりあくまで宝石店の腕時計ですから、時計としてのクォリティを優先するなら、同格のロレックスの方が良いのかも知れません。
 大事にオーバーホールすれば、自動巻きですから、電池が切れて交換と言う事もありません。使うたびにねじを自分で巻いて、一日の儀式としてそれを行うのも、巻き時計ならではの楽しみがあって、個人的にはそれも醍醐味だと感じます。文字盤の色なども、オーバーホールの際、ついでに変更する事が出来ます。

次の記事へ

カテゴリー