【ロレックス特化!】オーバーホール業者徹底比較ランキング!

HOME > コラム > 腕時計を長く愛用する為のメンテナンス

腕時計を長く愛用する為のメンテナンス

 高級腕時計を所持すると、車並みに維持費がかかると言います。定期的に、2,3年に一度はオーバーホールと言う時計の中を分解して、注油したり、部品ひとつひとつを洗浄して、もう一度キレイに組み立てたりしなければなりません。
 その際、メンテナンスも兼ねて、部品の一つ一つをチェックして、摩耗している部品があったり、圧力や不可抗力で曲がってしまっている細かな部品などは交換して、また長く使い続けられる様検査して貰えます。
 これがいわゆるオーバーホールと呼ばれる行為の流れになっています。それに加えてバッテリー交換、皮のベルトを使用しているのであれば、これも1、2年をめどにベルト交換をした方が良いと言われています。
 普通の国産のクォーツのベルト交換ならまだしも、高級時計の革ベルトとなると、ブランドバリューがありますから、お値段もベルト代だけで何万としますし、電池の交換でさえ、野口英世では事足りません。


 オーバーホールはお金がかかると考えがちですが、人間も、普段健康で全く病気の影がなくても、月々保険料を払って生命保険や医療保険に加盟していますし、自動車をお持ちの方でも、新車を購入したら、新車時期が過ぎたら、3年に一度は車検を通して車の整備を行って安全性を確かめます。
 高級時計の定期的なメンテナンスも、全くそれらと同じ様な考え方です。何百万とした高価な時計だからそ、定期的にメンテナンスを行って、購入費が台無しにならない様、大事な修理に至らない様チェックするのが目的です。
 これを高いと捉えるか、安いと捉えるかはその人次第ですが、後者の考えだと、もしかしたらその人は、時計に釣り合う人物ではないのかも知れません。


 車や時計は、その人のスティタスを表す道具のひとつと捉える人もいます。自分は高級な車を所有出来る、高級腕時計を身に付ける事が出来る人間なのだと第三者に認めてもらいたくて、がんばって購入する人も中にはいらっしゃいます。
 それを維持出来る様、一つの時計を大事に長く使い続けられる様、一生モノとして大事にメンテナンスを行う事こそ、新の時計愛好家の姿かも知れません。
 きちんと定期的にメンテナンスを行うと、メンテから戻って来た際に、時計の動きも軽快で、秒針の音が感じられたり、滑るように秒針が流れたり、やはりはっきり違いを感じ取る事が出来ます。
 内部の洗浄はもちろん外側の文字盤やバックル部分などもキレイに磨いて洗ってくれています。

カテゴリー